• 環境試験装置
  • 人間
  • 生活・環境
  • 繊維

概要

温度、湿度とともに気圧を制御することができる環境試験室

用途

高地で使用する製品や機器、輸出製品に対する性能評価試験、飛行機などによる輸送時の気圧変化に対する信頼性試験ができる

一般的名称:恒温恒湿室、環境試験室

基本仕様

メーカー名

東洋製作所株式会社(現 株式会社三菱重工冷熱)

型番
仕様 試験室有効容積(3.0m×3.0m×H3.0m)
 圧力(532~836mmHg ±5mmHg = 709~1115hPa ±7hPa)
  地上約2,900m~地下約800mの気圧に相当
   参考:メキシコシティ(2,300m)、クスコ(3,400m)
 温度(-30~+35℃ ±0.75℃)、
 湿度(30~80%RH ±5%RH ただし、温度が20~40℃の場合のみ制御可)
 搬入口(幅0.6m×高さ1.8m)

設置先および問い合わせ先

機関名

(地独)大阪産業技術研究所

部署

製品信頼科 生活科学・感覚計測分野

設置場所 (地独)大阪産業技術研究所
担当 製品信頼性科
連絡先 0725-51-2525
お客様による利用形態 お客様自身で利用可能