• 生理計測装置
  • 人間
  • 福祉・健康
  • 生活・環境
  • 繊維

概要

心電図では、受動・能動刺激に対する1秒ごとの自律神経活動の計測、筋電図では、1秒ごとの全波整流積分(平均値)の計測ができる。

用途

受動・能動刺激に対する自律神経活動の計測から、心理状態の評価に活用できる。  刺激に対する筋肉の疲労度評価に活用できる。

一般的名称:筋電計

基本仕様

メーカー名

ニホンサンテク株式会社

型番 人間工学生体計測処理システム
仕様 自律神経活動計測(心電図)      入力信号:心電図(ECG)、取込時間:30分~9時間、サンプリング周波数:1kHz 測定方法:小型ポリグラフテレメータを使用、生体データとして、心周期(R波)を自動検出し、1秒ごとのCSI、CVI、HF、LF解析を行う。                            筋電図 入力信号:筋電図(EMG)、取込時間:120s、サンプリング周波数2048Hz 

設置先および問い合わせ先

機関名

(地独)大阪産業技術研究所

部署

製品信頼科 生活科学・感覚計測分野

設置場所 (地独)大阪産業技術研究所
担当 製品信頼性科
連絡先 0725-51-2525
お客様による利用形態 お客様自身で利用可能